完治に向けて|古くから根付いてきた|腰椎椎間板ヘルニアの治療法について
女性

古くから根付いてきた|腰椎椎間板ヘルニアの治療法について

このエントリーをはてなブックマークに追加

完治に向けて

ナース

気を付けること

日本人のかかりやすい病気のトップスリーにがんは入っていて、遺伝性もあり、不安を感じている人は意外と多くいます。もっとも昔は不治の病として恐れられていましたが、最近は放射線治療もあって治癒する確率が高くなり、それほど怯える必要はなくなっています。ただがんでもっとも怖いのは病気の進行もそうですが、何よりも転移することがあげられます。がん細胞を手術や放射線治療によって取り除いたり死滅させても、ひとつでも残っていたらそこから転移して、再び命の危険に晒されるのです。このため最近は治療そのものよりも転移を気にすることが多くなっていて、防ぐためには治癒した後も定期的な診察が必要になり、病院に通い続ける必要が出てきます。

未来を考えて

病気が治癒した後も経過を見るために通院することはあって、最初は月に一回、その後は三月に一度、半年にと少なくなっていきますが、大切なのは必ず行って診察を受けることです。特にがんに関しては転移がもっとも恐ろしく、完全に取り除いたと思われていても残っている場合もあり、そうなると命の危険が出てきます。こういった危機を避けるために、治癒した後も定期的に通院して診察を受けることが必要で、早期発見と治療がもっとも重要なのです。病院というのは好んで行きたい場所ではなく、診察も面倒なものですが、自分の健康に関わってくるので必ず行くようにしてください。何かあってからではなく、起こる前に対策をすることが大切になってきます。