治療を行なう|古くから根付いてきた|腰椎椎間板ヘルニアの治療法について
女性

古くから根付いてきた|腰椎椎間板ヘルニアの治療法について

このエントリーをはてなブックマークに追加

治療を行なう

聴診器とカルテ

がんが恐ろしいとされている理由、それは再発や転移を繰り返す恐れがあるからです。これはがんの大きな特徴の一つでもあります。癌は細胞の病気なので、完全に病気の原因を取り除けたかどうかは見た目では分からないのです。つまり、癌細胞が少しでも残っていると、再発してしまう可能性があると負う事です。初めのがんであれば場所の特定は容易ですが、再発したり、さらに全く別の場所でがんが発症する転移を起こしてしまうと、全身のどこにがんがあるのか分からなくなってしまいます。このため、一般的にがんが再発や転移をしてしまうと、根治は難しいとされています。転移や再発治療とはがんによる症状を和らげること、がんの進行を抑えることという治療法をとるのが特徴です。

根治出来ないという事を聞いてショックを受ける人もとても老いでしょう。しかし、一つ分かっておいてほしいことは治らないのは、治療が出来ないという事ではありません。確かに一生がんと付き合わないといけないですが、現在では治療技術も進歩しているため、適切な治療を受けることでちゃんと生活することも可能なのです。がんは一般的に、罹患した部位を切除する外科手術や抗がん剤による薬物療法、そして放射線治療の3つが大きな柱となっています。医療機関を受診することで、これらの治療の中から自分の状態に合ったものを受けることが可能でしょう。また、最近だとこの3つに加えて免疫細胞療法と呼ばれる、4つ目の治療方法も一般的となりつつあります。こちらは自身の免疫細胞を強化することでがん細胞を取り除く治療方法であり、副作用が少ないことから多く普及するようになりました。がんは根治こそ難しい病気ではありますが、上記の治療によって寛解させることは十分可能となっています。